妊娠中はインスリンが効きにくくなる

妊娠中はホルモンの影響などでインスリンが効きにくい状態にあります。

妊娠末期のインスリンの効きは、妊娠していない女性と比べて50~70%程度といわれています。

妊娠中にインスリンが効きにくくなる原因

  • エストロゲン
  • プロゲステロン
  • ヒト胎盤ラクトーゲン
  • コルチゾール

などのホルモンが増えることによります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です