血糖値の検査「HbA1c」ってなに?

妊娠中の血糖値の検査では、血糖値とHbA1cがよく使われます。

HbA1cについてはこちら

 

「糖尿病治療ガイド」では妊娠中の血糖値の目標は、

  • HbA1c:6.2%未満
  • 朝食前の血糖値:70-100㎎/㎗
  • 食後2時間の血糖値:120㎎/㎗

とされています。

 

妊娠中は、貧血や鉄剤の服用などの影響がありHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は

実際の血糖値よりも低めにでます。HbA1cは血液中のヘモグロビンと糖がくっついた物。ヘモグロビンの平均寿命は120日と長いので、現在の血糖値の状態を反映するものではありません。

 

日本糖尿病・妊娠学会によると、耐糖能異常がない妊婦さんの

平均HbA1cは5.0%、正常と考えられる範囲は4.4~5.6%です。

 

妊娠中の血糖値は、HbA1c、随時血糖値、GA(グリコアルブミン)をみて総合的に判断するのが望ましいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です