妊娠中の糖代謝異常

妊娠糖尿病は「妊娠中にはじめて発見または発症した糖尿病にいたっていない糖代謝異常である」とされています。

妊娠中の明らかな糖尿病や糖尿病合併妊娠はふくまれません。

1.妊娠糖尿病

75gのブドウ糖を摂取する検査をして、次のうち一つ以上に当てはまる場合

  • 空腹時の血糖値 92㎎/dl以上
  • 75gのブドウ糖を摂取して1時間後の血糖値 180㎎/dl以上
  • 75gのブドウ糖を摂取して2時間後の血糖値 153㎎/dl以上

2.妊娠中の明らかな糖尿病

つぎのいずれかを満たした場合

  • 空腹時の血糖値 126㎎/dl以上
  • HbA1c 6.5%以上
    ※ただし、空腹状態にかかわらず血糖値が200㎎/dl以上または、75gのブドウ糖を摂取して2時間後の血糖値が200㎎/dl以上の場合は、妊娠中の明らかな糖尿病の可能性があるため、1または2にあてはまるかどうか確認が必要です。

3.糖尿病合併妊娠

妊娠前にすでに糖尿病であると診断されている

確実な糖尿病性網膜症がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です