血糖値のはかり方 SMBG

 

  1. 必要な物を準備します。
    血糖測定器、センサー、穿刺具、穿刺針、アルコール綿、記録するもの、針を捨てる容器
  2. 流水で手を洗い、水気を拭きよく乾かします。
  3. 穿刺具に針をセットします。(一体型のものは不要です)
    測定器にセンサーをセットします。
  4. アルコール綿で指先を消毒し、よく乾燥させます。
  5. 穿刺します。
    ※血が出にくい場合は、手を揉んだり、指先を温めたりすると出やすいです。
    必要量の血液をセンサーに吸い取ります。
    ※血液量が足りないと、血糖値が正しくはかれません。
  6. 数秒程度で結果が表示されます。
    結果を記録します。
    針を針捨てに捨てて片付けます。

    ※使用後の針はかかりつけの病院や薬局で回収してくれます。自治体によってはお住まいの地域で捨てる事が可能な場合もありますので、各自治体に確認してください。

 

関連記事

血糖値をはかるときに気を付けること

血糖値の測定について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です