妊娠糖尿病の特徴

妊娠糖尿病の特徴は、妊娠による母体のホルモンの分泌の変化や代謝系の変化が目まぐるしく、胎盤を通して胎児に影響を与えることが知られている。
妊娠中のお母さんの体は、「インスリン抵抗性」が生じる。からだは血糖値を下げようと、更に沢山のインスリンを出そうと動く。結果、インスリンが多量に出る状態の「高インスリン状態」に陥るため、血糖値は上がりやすく空腹時の血糖値が異常に低くなってしまう。

インスリンが多く分泌されることで、中性脂肪へと蓄積されて行くことが、母体の肥満を呼ぶ。肥満は上記の「インスリン抵抗性」を強くするため、悪循環である。
妊娠糖尿病の特徴は、母体特有の代謝により、一般的な糖尿病よりも複雑な環境下にあることが分かる。妊娠中の特に後期には血糖値が高くなり、下がりにくくなる傾向が強いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です